男女の画像

既婚者向けの出会い系サイトを利用していますか?

一般的な出会い系サイトは、真面目な恋愛から大人の関係まで、独身既婚問わずに使えるオールマイティな場所です。

特に名前を1度でも耳にしたことがあるような有名な出会い系サイトは、会員数が何百万人と利用者も多いこともあり、そんな出会い系サイトを利用すれば、既婚者でも出会いのチャンスを増やすことができます。

しかし、そのような有名な出会い系サイトはいくつか存在し、ターゲットとしているユーザーが違ったり、コンセプトが違ったりします。また、人によっては、利用する出会い系サイトを選ぶときの感覚というのも違ったりします。

選んだサイトが既婚者もしくは自分自身に合っていればいいのですが、もし、既婚者が使うには向いていないサイトだったり自分のスタイルに全然合っていないサイトだったりすると、ポイントを消費するだけで出会うこと自体が難しくなってしまう可能性もあります。

それを避けるためには、まず登録しようとしているサイトが既婚者からの評判もそこそこ良いところなのか、なおかつ同じような年齢層、目的、性別の人がどういう結果になっているのかを知る必要があります。

サイトのコンセプトが「既婚者も大歓迎!」と謳っていても、実際のユーザーが満足していなかったらそれ以前の話ですからね。

出会えない既婚者の特徴

既婚者でも出会える人と出会えない人がいる。これは紛れもない事実です。では、その違いとは一体どんなところなのでしょうか。

その分かれ道の一つとして考えられるのが「既婚者ということを意識しすぎている」です。

自分は既婚者だから既婚者専用の出会い系サイトを探さないといけないとか、若者向けの出会い系サイトは実にならないだろうとか、あまりに既婚者だからと視野を狭くしすぎると本当にいい情報を逃してしまいます。

既婚者が相手を探すとしたら、一番多いのは同じ立場の人じゃないでしょうか。要するに既婚者の異性ですね。同じ立場のほうが気持ちも理解できるし、融通も利きやすいでしょう。最初から望む人と出会えたらそれが一番良いに決まっていますが、それにこだわりすぎると、それこそ利用する出会い系サイトが限られてしまいます。

表立って既婚者専門や不倫を推奨しているサイトなんて優良サイトの中にはほぼありません。出会いは運と縁、その本質を忘れてはいけません。出会える既婚者になるためには、既婚者であることを意識しすぎず、広い視野を持ち活動することが大切だということです。

出会える既婚者の特徴

出会えない既婚者とは反対に、出会える既婚者はなぜ出会えていると思いますか?それは「ほどよく何も気にしていない」からです。

「ほどよく」と付けたのはさすがに何も考えず誰にでも連絡先を送ったり、顔写真を掲載したりはしないけれどということです。でも逆に言えば、そういう自分に直接的な不安があること以外は何でも自由に選んだり使ったりしていることが多いんです。

例えば、出会い系サイトの選び方も「口コミが良さそうだったから」「会員が多そうだったから」という感じで選んだり、使い方も「年上・年下だけどメールもらえたから会ってみよう」「独身だけど一回だけ遊んでみようかな」など前向きな姿勢ですよね。

出会える既婚者には、もちろん自分からチャンスを掴みにいく人もいますが、それよりも「チャンスを無駄にしない」といったほうが近いかもしれませんね。もちろんその相手は理想の相手ばかりでというわけではありませんが、多くの人と出会ったほうがより理想の相手と出会えるチャンスが増えます。

出会えない既婚者も、まさか自分から間口を狭めていると思いながらやっているわけではないと思いますが、自分が避けようと思ったそのサイトや人物をもう一度見直してみることも大事なことです。