女性の画像
現在、多くの人妻が不倫相手を求めて出会い系サイトを利用しているのは確かのことですが、人妻も人間ですので、様々な性格やタイプの人妻がいます。

十人十色ですし、玉石混交と言えるのではないでしょうか。いろんなタイプの人妻もいて、俗にいう「当たり」と「外れ」が混在しています。

私が個人的に「外れ」だと思うのは、勝ち気で強気な態度をとる人妻です。こちらがなにか言えば必ず口答えをして、自分の意見を認めさせようとする。

そのような人妻は見た目も美人なことが多いのですが……いくら美人とはいえ、しょせんは不倫相手です。

不倫なんて、遅かれ早かれ必ず終わりのくる儚い関係ですし、こちらが下手に出てご機嫌をうかがうような人妻と肉体関係を持つというのもストレスになってしまいます。

逆に、「当たり」と思える人妻は、なんでもこちらの言いなりになってくれる「都合の良い女」です。

不倫という大人の関係を楽しむなら、ストレスなど感じず、楽しいことだけをしたいと思いますよね?

性格の合わない人妻のご機嫌をとるなんてのは、自分の妻だけでほとほとウンザリですよね。

というわけで今回は、どうすればそんな都合の良い人妻を見分けらるのか、また、そんなタイプの人妻をどうやって言いなりにさせるのかをご紹介したいと思います。

都合のいい女になる人妻の特徴とタイプ別に言いなりにさせる方法

タイプ1:自分に自信のない人妻の特徴

出会い系サイトで不倫相手を求めるような人妻の多くは旦那と上手くいっていません。当然かもしれませんが、それをこちら側が認識しておくことは大切なことです。

現代において、ほとんどが恋愛結婚でしょうから、少なくとも以前は旦那と仲もよくラブラブだったからこそ結婚したわけです。しかし、それも昔の話で、そんな恋愛感情もどこへやらと、夫婦間は冷えきっているからこそ、出会い系サイトに不倫相手を求めてしまうわけです。

つまり、最愛の人だと信頼して「私にはこの人しかいない。この人と一生添い遂げる」と心に決めて結婚した人から、見捨てられた状況であるともいえます。

わたしは振り向いてほしいのに、旦那が振り向いてくれない……。そんな放っておかれた状況にある人妻は狙い目です。

出会い系サイトで不倫相手を探す人妻はの多くは、ある意味自分に対して自信を失くしています。永遠の愛を誓った人から、もう魅力がないと思われてしまっている、女としての自信がなくなってしまった、というわけです。

そのため、自分を「女として認めてほしい」という承認欲求を抱えている人妻が多いのです。まだ自分には女としての価値や魅力があると誰かに言ってもらいたい、女に生まれた喜びを、もう一度味わいたいと思っているのです。

自分に自信のない人妻を言いなりにさせる方法

そんな自分に自信のない人妻を言いなりにさせる方法は、まず、とにかく褒めて、肯定して、認めてあげることです。

なんでもいいんです。「今日はご飯なにを作ったの?」と聞いてあげてください。そして、褒めてあげましょう。「どんなに嫌でも旦那のためにちゃんと料理つくってあげるなんてえらいですね。」と。露骨で大げさなくらいでもいいんです。

「妻が食事を用意するなんてそんなのは当たり前だろ」なんていうと昨今の女性からは怒られるかもしれませんが、実際問題として家の食事を用意するのは妻の役目であることがほとんどです。でも、それを褒めてくれる人なんていませんからね。なぜなら、炊事や洗濯などの家事をするのが当たり前のことだと思われているからです。

誰も褒めてくれなかったこと、特に一番褒められたかった旦那から一度も褒められたことがないことを褒めてあげる。それが、相手にとっては何よりの快感なのです。言うなれば、褒めてあげるたびに乳首を愛撫しているようなものとも言えるかもしれません。

褒めてあげることを続けていれば、必ずと言ってもいいほど「もっと褒めて欲しい」と思うようになります。そうして自分に依存するようになってきたらこっちのもの。相手はこちらが気になって仕方がなくなっていますから、喜んで会いに来てくれますし、喜んで股をひらいてくれます。

なにしろ自分の肉体を求められるというのは女性として認めてもらえている、という最大限の表現ですからね。存分に愛でてあげましょう。「褒めてあげる」という単純な行動だけで、あなたに依存してなんでもいうことを聞いてくれる人妻セフレの出来上がりです。

タイプ2:ひたすら相手に尽くしたいと思う人妻

ひたすら面倒見のいい女性って稀にいますよね。なんでそんなダメ男と付き合っているの?と周りから心配されてしまうようなタイプです。そんなタイプの女性は「自分がいなきゃこの人はもっとダメになってしまう」という責任感にかられると言います。

そういう女性がきちんとした大人の男性と結婚した時、安定した家庭では満足できなくなってしまうことも多いんです。「この人はきっと、私がいなくてもうまくやっていけるんだろうなあ……」と感じてしまうと、その男性に対しての興味がだんだん薄れていってしまうそうです。

そんな時に、思わず面倒を見たくなるダメな男性が目の前に現れたとしたら、そちらになびいてしまうというわけですね。

結局、ダメ男好きな人妻は自分が必要とされたいだけなのです。「この人には私が必要なんだ!」という心のより所を求めているわけですね。

尽くしたいと思う人妻を言いなりにさせる方法

もし、そういう尽くしたがる人妻と出会えることができたなら、かなりラッキーです。なにしろこちらが頑張らなくても、男性の面倒を見ることをなによりの喜びと感じるため、勝手に頑張ってくれます。

必要とされたい思うのは生活面だけでなく、セックスにおいても言えることで、「私は相手に尽くしたい、気持ちよくなってほしい。それこそが何よりの快感」となるわけです。

ふつうの女性であれば、あとで愛撫をしてもらうための見返りを期待しているため、「ギブアンドテイクのギブ」としてのフェラチオだったりしますが、こういうタイプの人妻は見返りなんて求めずに、相手が満足するまでいつまでも奉仕してくれます。

尽くしたいと思う人妻は、とにかく相手を満足させることが頭にあるので、騎乗位も好きな傾向にあります。ただ寝そべっているだけで、濃厚フェラをしてくれて、騎乗位で自分から腰をふってくれて、射精したあとにはお掃除フェラまでしてくれるという徹底ぶり。

男にとって「尽くしたがる人妻」はまさに理想の不倫相手と言えるかもしれません。

だからと言って、なにも本当にダメ男である必要はありませんよ。演じればいいだけなのです。ダメ男がしっかりした男性を演じるのにはかなり無理がありますが、しっかりした男性がダメ男を演じることは、決して難しことではないでしょう。

タイプ3:他人の意見に流されやすい人妻

自分からは決して誘ったりはしないけど……内心ほんとは誘って欲しい思っている受け身タイプの人妻ですね。

これは人妻に限らず、多くの女性に当てはまる習性かもしれません。女性というのは責任を負ったり、決断を男性に委ねる傾向にあります。

「別に私のほうから望んだことじゃない、相手から求められて結果的にこのような形になってしまった」などという自分に都合のいい言い訳を作るためです。

その一例として飲みに行って「終電をわざと見逃す」という行動に出る人妻がいます。すぐにエッチするような軽い女には見られたくないけど、正直なところエッチはしたい……。そんなジレンマから生まれたのがこの手法だと言われています。

この人妻からのサインを理解できない男性は、人妻の策略だとわからずにご丁寧に「そろそろ終電だけど大丈夫?」などと言って知らせてしまうんですよね。これは人妻からしたら本当に大きなお世話なのです。

男性からそう言われてしまっては、終電に乗って帰るしかなくなってしまいます。これはまるで、みすみす網に穴を空けて魚を逃がすような愚行ということです。

あくまでも知らないうちに終電を逃してしまって、帰る手段がなくなってしまった……。だから本当はそんなつもりじゃないけど一緒にホテルに泊まるか、あなたの自宅に行きたいという受け身タイプの人妻の精一杯の作戦なんです。

流されやすい人妻を言いなりにさせる方法

まずは、カラオケや食事などに誘って、時間を忘れさせる場所をわざと提供しましょう。カラオケや食事であれば、人妻にとっても心理的なハードルは低く簡単に誘いに乗ってくれるはずです。

そう誘っておいて、知らぬふりしてわざと終電を逃させて、人妻の策略にハマったふりをしてください。あとは、ラブホテルに行くか、自宅に連れて帰るかはあなたの自由です。

人妻の都合のいい言い訳を用意してあげて、騙されたふりをするのですが、これは人妻にとってはむしろ嬉しいサプライズなわけです。

しかし、ストレートに「ホテルに行こう」なんていわれても、多くの人妻はこれにうなずきません。ほんとはホテルに行きたいものの、いきなりホテルをOKするような安い女に思われたくない……なんていうプライドもあるわけです。

正直面倒くさいと思うかもしれませんが、うまく利用すれば実に思うがままにこの手の人妻をコントロールできるのです。人妻特有の面倒なプライドを持ち上げてあげつつ、ホテルに行きたいという本音の部分をすくってあげるのがこのテクニックなわけです。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

出会い系サイトで知り合った人妻であれば、会った時点でセックスのことは当然視野に入っているので、会うことができれば9割方ホテルに誘うことができるでしょう。

ぜひ参考に人妻のタイプを見抜いて、自分の言いなりになる人妻を手に入れてみてください。