不倫を見破る方法もあれば、絶対にばれない方法もある

こんにちは。元探偵の高橋です。

不倫や浮気は見破る方法が存在するのですが、その逆の絶対にばれない方法も存在します。

大前提として不倫が絶対にばれない為には、例外を認めず徹底して守るいくつかのルールがあります。

そのルールを守ることができない人は絶対にばれます。

不倫がばれない為の守るべきルール

  • ルール1:スマホ・携帯をもう1台用意する
  • ルール2:不倫相手に対して偽りの姿を演じる
  • ルール3:本命と行ったことのある場所は行かない
  • ルール4:間違っても不倫相手を自宅に呼ばない
  • ルール5:不倫に適した相手か見定めてから

ルール1:スマホ・携帯をもう1台用意する

不倫がばれた原因は、この携帯からというのが堂々の1位を誇っています。

今のスマホや携帯はシークレットモードが付いていますが、それをあるからといって安心していると不倫はばれます。

シークレットモードの切り替えを忘れてしまったり、相手がモードの解除方法を知っていたとしたら本末転倒です。

ロック機能もありますが、それだけで十分怪しまれると思いませんか。

不倫相手と連絡を取る際は不倫相手専用の携帯を用意し、本命といるときは必ず持ち歩かない!これを徹底すれば、少なくとも携帯からばれることはありません。

では携帯を持ち歩かなかったら、不倫相手と連絡が取りにくいのでは?連絡に折り返さなくて大丈夫なの?と思うかと思います。

そこはどう対応すればいいのかと言うと。

ルール2:初めから不倫相手に対して偽りの姿を演じる

「電話に出られないことが多い&メールの返信が遅い」ということを事前に伝え、その姿勢を演じましょう。連絡が取りづらくなることへの予防線は出会ったときから張っておきます。

「メールするの苦手なんだよね」と言ったところで、夜の9時半過ぎに電話やメールができないという人は、世の中には少数です。

そこで、夜中の連絡を“無視”できる職業で、忙しいから連絡ができなかったという言い訳をいつも使えるように、最初から自分のキャラや肩書を設定しておくことを心がけましょう。

例えば、バーや飲食店の夜勤などで働いていることにしておけば、夜に連絡が折り返せなくても不思議なことは何一つありません。

ルール3:本命と行ったことのある場所は絶対に行かない

雰囲気の良いバーや美味しいレストランは、自分が気に入った女性と行きたい気持ちもわかりますが、リスクはどんな小さなことでも回避するべきです。

店員が勘違いして何か爆弾発言をするかもしれませんし、バーなどは他の常連がヤッカミで意地悪いことを言うかもしれません。

「あれ?こないだとは違う女性だね」こんな空気の読めないことを言う人間が世の中には存在するのです。

また、実際に有った例ですが、ホテルのポイントを貯めているからという理由で同じホテルを使い、ポイントの加算履歴から浮気がばれたという自爆例が過去ありました。

ルール4:間違っても不倫相手を自宅に呼ばない

ホテル代も高いからとケチって自宅に呼ぶのはアホの極みです。そんなスリリングな楽しみ方をする人は、こんな記事なんて読まずに思う存分好き勝手に不倫を楽しんでください。

痕跡は必ず残りますし、何よりも家に浮気相手がいるときに「本命」が帰って来ないとも限りません。

さらに言うなら、浮気相手が突然家に来てしまうリスクを抱えてしまう。

「不倫相手も遊びと割り切ってるから大丈夫」という人も、今はそうでも関係を続けるうちに人はどのような心境の変化が起こるかわかりません。

「こんなはずじゃなかった」と嘆いたところで後の祭り。

不倫相手には最初から実家に住んでいるか、友人とシェアしていると言いましょう。

ルール5:不倫に適した相手か見定めてから

ばれない不倫をするために最も重要だと言えるものが、これです。

どんなに予防線を張っていても、土足で壁を乗り越えてこようとする人がいるものです。そうした人物を最初から浮気相手に選ばないことに尽きます。

たとえば

  • 友人とルームシェアしていると言ったら、「友人と一緒に宅飲みしよう」と言ってくる女性
  • 夜はバーで働いていると言ったら、「そのバーに飲みに行く」と言いだしたり、「休憩時間に連絡返すことくらい出来るでしょ」と詰め寄ってくる女性
  • 「日曜は私と遊ぶ日だから、仕事を休んで」と言い出す女性

例を出せばいくらでも出てきますが、このように束縛や自己主張が激しい人は、まず不倫相手に向いていません。

また、凄く甘えてくる人も不倫相手には向いていない。発覚したときに刃物が出てきた例を私は何度も見てきましたが、大抵はこのタイプ。

不倫の関係に発展する際に、抑えられない気持ちもなるのもわかりますが、後々のことを考えて相手のことを十分知ってから行動に移した方が身のためになります。

最後に

不倫も一つの愛のカタチとして捉え、不倫をするなら徹底的にやりましょう。

しかし、絶対にばれない為には、上記のいずれの方法もしっかりと厳密に行わなければ意味がありません。

ばれないようにするのは結構大変かもしれませんが、それでも不倫をしたい人は試みてください。